プロミス キャッシング

プロミスはキャッシング利用でもポイント還元があるお得な業者!

お得なカードローンを探して

ただいま婚活真っ最中の私ですが、婚活において自分を磨く場合、どんな事をすれば良いと思いますか?身だしなみや作法も大事だと思いますが、どんな人でも結婚すれば必要になる物と言えば、決まっていますよね?

それはやっぱりお金の管理ですね。特に資格や学校に通わなくても身に付けられるものではありますが、その分極めるのが難しい分野ですよね…私もこれが大事だと分かっていますが、やっぱり婚活で良い人の目に止まる為にはパーティーにたくさん出席したりエステに通ったりみたいな感じで、お金はあっという間に足りなくなります。

そこでお金をいつでも都合できるようにカードキャッシングを用意しようと思ったのですが、このお金を借りる行為というのもお金の管理に含まれますので、やっぱり良い条件で借りるのももちろんですが、転んでもタダでは起きない…というのは大げさですが、出来るだけ特典も含めてお得なカードキャッシングを使ってみたいですよね。

お金を借りないに越した事は無いんですが、やっぱり自分のお金だけで対処出来ないときにいかにしてお得に借りられるか…それを踏まえて私はたくさんの金融業者の情報を確認しました。

プロミスなら利用に応じてポイントが貰えてお得感抜群!

そこで私の目に止まったのがプロミスです。プロミスと言うと消費者金融という事で銀行に比べて不安に思うかもしれませんが、その独特のプロミスポイントサービスに注目です。

ポイントサービスと言えば最近は様々な買い物で採用されていますが、プロミスはなんとお金を借りるキャッシング利用でも、このポイントが貯まっていくんです!お金を借りても利息しか残らない普通の融資とはお得感が段違いですよね。貯まったポイントは無利息期間に回せたりATM利用手数料に充てられるので、とっても使い勝手が良いです。

申し込みもインターネットや郵送みたいに空いた時間を利用して審査が受けられますし、実際に借り入れを行う場合でも指定口座に振り込んでもらったり、提携銀行やコンビニATMからだって借りられちゃいますので、申し込みから借り入れまで、さらにポイントサービスのような特典まで揃っていて、至れり尽くせりな金融業者がプロミスなんです。

今でも必要な時だけ使えるプロミスのカードキャッシングは、私の頼もしい財布の相棒です!貯まったポイントも有効活用すれば、とても有意義なキャッシングサービスが受けられます。

キャッシング等の残債がある状態で本人死亡!誰が返済義務を負うの?

『もしも、キャッシングやローンなどの借金をした状態で死んじゃったらどうなるんだろう?』。こんなことを考えたことはありませんか。

実は、口には出さないけど同じ思いを持っている人はたくさんいます。色々な条件によって、借金がどうなるかは様々ですが、良くあるケースをご紹介しようと思います。

まず最初は、親が借金を残して亡くなったケースです。借金は家族だからとか、身内だからとか言う理由で、代わりに返済をしなければいけないと言うことはありません。基本的には、身内も他人も条件は同じです。

ただし、条件が変わるケースが1つだけ存在します。それは、親の財産を相続する場合です。相続で財産を引き継ぐ場合は、プラスの財産だけを引き継げば良いと言うことではなく、マイナスの財産も同時に引き継がなければなりません。

つまり、親の残した借金も引き継がなければいけないと言うことになります。プラスの財産とマイナスの財産を相殺し、結果マイナスとなるような場合は、相続を放棄すると言う選択肢もあります。その場合は、返済の義務は負いませんので、良く考えて答えを出して下さい。

次は連帯保証人になっているケースです。基本的には、相続により借金を引き継ぐ者がいれば、まずはそちらへ請求がいきますが、相続放棄や支払いに応じないなどの状況が発生してしまった場合は、連帯保証人に請求がいきます。

連帯保証人は、債務者と同じ責務を負っていますので、債務者本人が払えない場合は、代わりに返済しなければいけないのです。連帯保証人になってからでは遅いですが、なってくれと頼まれた時は、十分考えてから答えを出すようにするのが賢明です。

皆さん、債務者が死亡しても基本的に債務は残ります。誰が代わりに債務を負うかはケース次第ですが、死んでからも人に迷惑をかけないように、キャッシングやローンは計画的な利用を心掛けたいですね。

総量規制対象外のキャッシング&ローンがあるって本当?

皆さんは、“総量規制”と言う言葉を聞いたことがありますか?これからクレジットカードやキャッシングカードを作ろうとしている方は、窓口で説明を受けてご存知かもしれませんね。でも、この総量規制と言う言葉の意味ですが、意外と誤解をしている人が多いようです。

総量規制とは、2010年に改正された貸金業法の目玉の一つで、年収の3分の1を超えるキャッシングやローンを組めなくなると言う法律です。これだけの説明だと、すべてのキャッシングやローンが対象のように思えてしまいます。

が、実は、ここが誤解ポイント!この法律の対象は、すべてのキャッシングやローンではありません。対象となるのは、銀行・信用金庫・労働金庫・農協を除く、信販会社と消費者金融が扱うキャッシングやローンです。

銀行等で融資を受けている、“住宅ローン”や“マイカーローン”などの各種ローンは、対象外となります。年収の3分の1を超える融資額を計算する時は、銀行系ローンは省いて良いのです。

このことを知らずに、申し込み前から諦めてしまっている人が多いですが、申し込みが出来るのにしないのは、勿体ないですよ。

誤解ポイントはこれだけではありません。もう一つあります。信販会社や消費者金融のローンでも、ある一定の基準を満たせば、総量規制から除外されるケースがあるのです。

具体的に言うと、“段階的に債務を減らす貸し付け”で、しかも“借りる側に一方的に有利な貸し付け”・・・、つまり、借り換えの場合がそれに当たります。

借り換えローンは、消費者金融各社で色々なタイプのものが出されているので、是非一度確認してみて下さいね。

皆さん、如何でしたか。総量規制は、誤解の多い制度ですが、しっかり内容を把握して上手に利用すれば、プラスになることもたくさんあります。

キャッシングやローンが年収の3分の1を超えないように計画的な利用が基本ですが、万が一超えてしまった場合は、総量規制対象外の方法も試してみて下さいね。

あなたの信用情報は?クレジットカード審査合否は信用情報で決まる!

クレジットカード、キャッシングカードを作る時や、各種ローンを組む際には、必ず審査が行われます。この審査でチェックされるのは、当然、貸したお金を返してくれるのかどうかです。

各社それぞれ独自の基準を持っているので、これだ!と言えるものは無いですが、基本的なチェック項目は何処の会社もあまり変わりません。

住所、氏名、年齢、家族構成、職業、勤め先会社規模、役職、年収、保有財産(家、土地、車、株式、債券など)、現在抱えている借金などが、一般的な確認項目となります。

申込み者から提供された、これらの個人情報を各社独自の基準に照らし合わせて審査をする訳ですが、実は、これらの情報の使い道はそれだけではありません。最も重要な作業が残っているのです。

それは、信用情報の確認です。皆さんは、信用情報機関をご存知でしょうか。これは、銀行や信販会社、消費者金融が加盟している機関で、それぞれが得た個人情報+クレジット・キャッシング・各種ローンの申し込みや利用状況が登録されている機関です。勘の良い方はお気付きですね。そうです!皆さんの個人情報は、信用情報機関を通して共有されているんです!

審査合格のカギを握るのは、まさにこの“信用情報”。他社での借り入れ状況や返済状況、そして、今までに返済遅延などの事故を起こしていないかなどが入念にチェックされます。

皆さんも一度は耳にしたことがある、“ブラックリスト”、これは、この信用情報機関に登録されている個人の金融事故情報のことを言うんです。これがあると審査が通らないと言う理由も分かりますよね。

皆さん、クレジット・キャッシング・各種ローン審査はそれぞれの会社による審査だけではなく、各社が共有している信用情報が重要なことが分かったと思います。

金融事故を起こしたことが無い人は全く問題ありませんが、思い当たることがある人は確実に審査で弾かれるでしょう。

信用情報機関で保管されている情報の保存期間は最大で10年です。最大で10年はクレジット・キャッシング・各種ローンを利用することが出来ません。

逆に言えば、10年我慢すれば利用可能になると言うことなので、ポジティブに考えて、もう少しの間我慢して下さいね。そして、今度は金融事故を起こさないように気を付けて下さい。信用情報はあなたを映す鏡、あなたそのものですから。

融資における返済延滞時の代償とは?

皆さんは、クレジットカードやキャッシングカードをお持ちですか。そのお持ちのカードで利用することが出来るキャッシングですが、とても助かりますよね。

急な出費や給料日前のお財布補充で大活躍してくれます。今や日本人の10人に1人がキャッシングを利用している時代です。キャッシングは、生活の一部になっていると言っても過言ではないかもしれませんね。上手に使えば、こんなに便利なものはありませんよ。

しかし、返済が滞ってしまったらどうなるんでしょうか。こんな風にならないように、計画的に借り入れをしなければいけないのですが、万が一このような事態に陥った場合にどうなってしまうのか見ていきたいと思います。

返済が遅れた時にまず行われること、それは、何らかの形でその事実を伝えることです。郵便なのか電話なのか、それは会社によって異なりますが、『返済が遅れていますよ!○月×日までに振り込んで下さいね』のような内容です。

そして、この時の請求金額には、通常にはない“遅延利息”が含まれていることがほとんどです。遅延利息は、返済が遅れたことによるペナルティーとして課せられる利息なので、通常の利息よりもかなり高い利率となっています。

もし、遅れることが分かっていて、支払いの予定が立っている場合は、返済予定日よりも前に連絡しておくことをオススメします。

事前連絡をすることで、遅延利息が免除されることもありますよ。それと・・・、当然ですが、返済が遅れ始めた時点で、キャッシングの利用は出来なくなってしまいますので注意して下さいね。

もし、これでも連絡なしで返済されない場合は、やはり電話での連絡が続きます。しかも、自宅や勤め先への電話です。これはキツイですね。会社内では払えません何て言えないですものね。

これ以上の場合は、もう自宅訪問しかないのですが、こうなる前にきちんと連絡して対処するようにして下さいね。さすがに、ここまで来てしまうと、ペナルティーの度合いも増してきて、カード利用停止や限度額の引き下げなど、生活にも響いてきてしまいますよ。

それに、滞納が3か月以上続くと、俗に言う“ブラックリスト”にも載ってしまって、カードが作れなくなってしまいます。

基本は、計画的な利用ですが、返済が遅れそうなときは、絶対連絡する!これが大事に至らないための鉄則です!

クレジットカードのキャッシング機能って何?

皆さんは、クレジットカードをお持ちですか。クレジットカードは、現金を持ち歩くこと無くショッピングを楽しんだり、旅先での宿泊代を支払ったりと、色々な用途に使うことが出来て、現代には無くてはならない存在となっていますね。

そんなクレジットカードですが、ショッピングのように支払う機能のほかに、現金を借りることが出来るキャッシング機能がついているのをご存知ですか。

キャッシングと言うと、思い浮かぶのは消費者金融と言う方がほとんどかもしれませんが、クレジットカードのキャッシング機能も消費者金融のものと大差はありません。カードを発行する会社によって、支払い条件や金利は変わりますが、基本的な利用方法は同じです。

ただし、金利は消費者金融のキャッシングよりも若干高めに設定されているのが普通です。その代わりと言っては何ですが、クレジットカードが使えるATMがあれば、世界中何処でもキャッシングができるのが、クレジットカードキャッシングの最大の強みとなっています。

では、この便利なカードはどうやって作るのでしょうか。答えは簡単です。クレジットカード作成時の申込み書に、キャッシングを希望するか、しないか、する場合はどの位の金額を希望するのかを記載する欄が設けてあります。

実際にキャッシングが出来るカードが発行されるかどうかは、カード会社の審査結果次第ですが、安定した収入があって、今までに金融事故(3ヶ月以上の支払い遅延や破産等の債務整理、過払い金請求など)を起こしていなければ、ほぼ間違いなくキャッシング機能付きのクレジットカードが発行されるでしょう。

クレジットカードを持っているけどキャッシング機能を知らなかったと言う人も、これからクレジットカードを作ろうと言う人も、上手に使ってキャッシングライフをエンジョイしましょう!

諦めるのはまだ早い!無担保でもローンは可能!

『キャッシングやローンを検討しているんだけど、担保になるようなものが無くて・・・』何て思っている人は意外と多いかもしれません。

確かに、銀行や信用金庫などでローンを申し込むと、担保が必要だったり、審査が厳しかったり、審査に時間が掛かったりと、苦労した割には審査に通らず、がっかりみたいなことは良く聞く話です。

だからと言って諦めることはありません。そのような場合は消費者金融の無担保キャッシングや無担保ローンを試してみて下さい。もちろん、担保は不要ですし、審査がとっても早いのが、ユーザー側にとっては最大のメリットです。

最近では、インターネットで簡単に申込みが出来て、審査も短時間で終了する消費者金融が増えています。審査に合格すれば、審査当日に振込完了する消費者金融もあるくらいです。

しかし、良いことばかりではありません。担保設定が不要と言うことは、その人の信用だけで融資を受けれると言うことです。

貸す側も貸し倒れになるリスクが高まることになるのですから、何もしないわけがありませんよね。その代わりとして、金利を高く設定しています。

銀行系や信販系のキャッシングやローンに比べると、多少ですが金利設定が高くなっていますので、注意して下さい。

皆さん、如何でしたか?担保が無いからと言ってキャッシングやローンを諦める必要はありません。無担保で融資を受ける方法はたくさん存在します。

しかも、簡単に申し込みが出来て審査もすぐに終了するのですから、試さない訳にはいきませんね。計画的な利用で、キャッシングやローンを有効活用して下さいね。

総量規制って何?年収で融資限度額が変わる!

皆さんは、“総量規制”と言う言葉を聞いたことがありますか?これは、2010年に改正された貸金業法の2本柱の内の一つで、年収の3分の1以上の借り入れが出来なくなると言う法律です。

あまり馴染みのない法律なので、初めて知ったと言う方も多いかもしれませんが、これからキャッシングを利用しようと言う方には直接関わってくる内容ですので、しっかりチェックして下さいね。

総量規制とは、消費者金融やクレジットカードでのキャッシングの総額が年収の3分の1を超えてはいけないと言う内容になっています。

ここで1つ目のポイントです。“すべての借り入れが対象ではない”!対象は、消費者金融と信販会社で発行するクレジットカードのキャッシングで、銀行・信用金庫・労働金庫・農協などから直接借り入れるローンは総量規制対象外になります。

年収の3分の1程度の借り入れがある状態で銀行系のローン審査通るかどうかは微妙なところですが、法律上での縛りはありませんので、審査対象外となることはありません。

2つ目のポイントは、“総量規制にも例外がある”!です。銀行系は対象外と前述しましたが、ある一定の条件をクリアすれば、消費者金融商品でも総量規制の対象外とすることが出来ます。

顧客に一方的に有利になり、段階的に債務を減らすことが出来る借り換えがそれに当たります。借り換えが目的の借り入れなので、今までのキャッシングのように、返済した分を再度借り入れることは出来ませんが債務は確実に減ると言うことで、例外的に認められているケースです。

総量規制は、多重債務から皆さんを守るための法律です。法律施工前のキャッシング利用者の8割は、年収の3分の1を超えた借り入れをしていたと言うデータもあります。

これからキャッシングをお考えの方は、このような法律があることを念頭に、しっかり検討して頂ければと思います。

ご注意ください!キャッシング&ローンには上限があります

キャッシングやローンは、簡単に現金を融資してもらえるサービスですが、無限に融資してもらえる訳ではありません。

当然のように限度額が設定されています。銀行・クレジットカード会社・消費者金融とキャッシングサービスを扱っているところはたくさんありますが、その業務形態や会社によって、その基準は様々です。

しかし、融資する際の審査で見る情報は概ね同じで、現在の収入状況や融資状況、過去の融資に対しての返済状況などを加味して融資の可否や限度額の上限が決定されます。だからと言って、申込書に嘘を書いてはいけません。かなりの確率でバレてしまいます。※こちらも参考になります!困った時に即時対応!即日融資を受けるためにすべき事とは

これら金融系の会社では、顧客情報を共有するために信用情報機関と呼ばれる機関に加入しています。そのため、嘘の申告をしても、借入状況や過去の返済状況はすぐにバレてしまうのです。

申告内容自体もそうですが、嘘をついたことによる信用低下は審査結果にも当然マイナス影響をもたらします。注意して下さいね!

注意と言えばもう一つ。クレジットカードのようにキャッシングのほかにショッピングが出来るカードの場合の限度額には注意が必要です。

ショッピング枠と別にキャッシング枠が設けられている場合と、ショッピング枠の範囲内でキャッシング枠が制限されている場合があります。ショッピングで上限ギリギリまで使っているとキャッシング出来ないこともありますので要確認です。

融資上限額は、一度決めたらずっと固定と言う訳ではありません。個人の収入状況や返済状況に変化があれば、上がったり、下がったりします。自分から上限を上げてもらうように依頼することも可能です。

上限額とは、そこまで使えると言うことで、そこまで使わなければいけないものではありません。しっかり返済計画を立て、上手にキャッシングを利用して下さいね。

使う前に知っておこう!キャッシングのメリット・デメリット

皆さんは、キャッシングを利用したことがありますか?利用したことがある方も、これから利用しようと思っている方も、上手にキャッシングするためには、キャッシングについてもっともっと知ることが必要です。これから、キャッシングのメリット・デメリットについて説明いたしますので、参考にしてみて下さいね。

〈メリット〉

・気軽にいつでもどこでも24時間利用できるのはとても便利です。急にお金が必要になって銀行が閉まっている時間なら尚更ですね。

・自由に返済できるのも魅力。土日で借りて翌週に返済すれば、銀行の手数料よりも金利の方が安いこともありますよ。

・クレジットカードや銀行の融資に比べて、審査に掛かる時間が短く、審査基準も若干低いので、手軽にカードを作ることが出来ます。

〈デメリット〉

・借り易さゆえの借りすぎ。知らない内に借りすぎてしまい、気付いた時には大変な状態に・・・。自分の返済能力を超えてしまって、債務整理を余儀なくされてしまうことも・・・。これが最大にして唯一のデメリット。これさえきっちりコントロールできれば良いのですが、これが難しい!

如何でしたか。キャッシングのデメリットを回避する方法は、ズバリ!計画的な利用しかありません。これを怠ると、キャッシング地獄が待っています。誰も好き好んで地獄に落ちようなどと言う人はいないですよね。

上手に使えば、皆さんの生活を確実に華やいだものにしてくれるでしょう。しっかり返済計画を立てて、快適なキャッシングライフをエンジョイしましょう。

ブラックリストにのるとクレジットカード審査は通らないの?

クレジットカードやキャッシングカードを作るときやローンを申し込んだときに、審査に通らなかったり、時間が掛かったりすると、『もしかして、ブラックリストに載ってるのかなぁ?』何て思うことはありませんか。

しかし、そもそもこの“ブラックリスト”とは何なのでしょうか。言葉は良く耳にしますが、リスト自体を見たことはありませんよね。それもその筈、ブラックリストと言うリストは存在しないのです。誰も見たことが無くて当然です。

では、なぜ、ブラックリストがここまで知られているのでしょうか。実は、それに代わるものが存在しています。個人信用情報がそれに当たります。

私たちがクレジットカード会社やキャッシング業者と契約する際には、色々な個人情報を記載し提出します。その内容は各会社で審査をするために使われるのはもちろんのことですが、それと同時に信用情報機関のデータベースにも登録されます。

これらの登録された情報は、信用情報機関に登録している会社間で共有することが出来るので、今審査をしている人物の過去の支払い状況や、現在の借入額、申し込み状況などがすべて把握出来るようになっているのです。

そして、この情報の中でも、“事故情報”と呼ばれる、延滞や破産等の情報がブラック情報となり、俗に言う“ブラックリスト”と言われているものの正体と言うことになります。

主な信用情報機関は3つあり、それぞれ業態によって登録している情報機関が異なります。

銀行系:全国銀行個人信用情報センター

信販会社系:株式会社シー・アイ・シー(CIC)

消費者金融・銀行・信販会社系:株式会社 日本信用情報機構

信用情報がブラックの場合、融資する側としては、“もしかしたら返済が滞ってしまうかもしれない、最悪の場合回収できない”と言うリスクを負うことになるので、基本的に審査は通りません。

どうしても借りたいと言うことになると、ブラックでも審査が通る可能性があるのは、“ヤミ金”しかないでしょう。が、これはやめた方が良いと思います。ブラックになっている自体、すでに返済能力に問題あり、と言うことなので、金利の高いヤミ金の返済をこなすのは難しいですよ。

信用情報機関に登録されているブラック情報は、その種類によって保存期間が違います。それぞれの機関で多少のズレはあると思いますが、おおよそ次の通りです。

3ヶ月間以上支払いが遅れた場合:5年間

任意整理:5年間

過払い金請求:5年間

特定調停:5年間

民事再生:5年間

自己破産:7年~10年間

言い換えれば、上記の時間が経過すれば、ブラック情報は無くなると言うことになります。ただし、各会社にはブラック情報は残りますので、同じクレジット会社に申し込んでも絶対に審査は通りません。

共有情報としての登録が無くなるだけなので、晴れてブラック情報が抹消されて、新たにカードを作る際は、今までに作ったことが無いクレジットカードあるいはキャッシングカードの必要があります。

自分がブラックリストに載っているかどうかは、各信用情報機関に問い合わせれば有料で教えてくれるので、心配な方は利用してみては如何ですか。